受験を考えている方へ

生物学は、生きものの不思議を解明するという発見に満ちたロマンあふれる学問であり、また世の中のいろいろな領域と密接に関係するとても幅広い重要な学問です。

生物学コースは、生きものが好きで生きもののことをもっと知りたい人、環境や食料問題に興味のある人、分子生物学やDNA ・タンパク質に興味のある人、ゲノムや遺伝子組換えなどに関わる再先端の技術を習得したい人、中学校や高校の理科の先生になりたい人、研究者になって世界を舞台に活躍したい人、何となく生きものに関係することを勉強したい人、農業や医療、薬学などに興味があるけどその前にもっと基礎をしっかり勉強したい人、など夢と目標とやる気を持った様々な人のためのコースです。このような多様なニーズに対応した最新の授業カリキュラムを用意するとともに、教員一人あたりの学生数が1.5人/学年と徹底した少人数教育を行なって、学生のみなさんが実りのある充実した4年間を過ごすことができるよう、常に努力と工夫をしています。

入試情報

入学試験

入学試験に関する情報については、金沢大学が発表する学生募集要項を参照して下さい。

入試情報

なお、出願には募集要項に添付される出願書類が必要となりますので、出願される方は冊子体の募集要項を資料請求して下さい。 

 編入学試験

編入学試験に関する情報については、金沢大学理学部が発表する学生募集要項を参照して下さい。 下のリンクで学生募集要項を閲覧することができます。

金沢大学理工学域編入学(3年次)学生募集要項(pdf)

なお、出願には募集要項に添付される出願書類が必要となりますので、出願される方は冊子体の募集要項を資料請求して下さい。

編入学試験の過去の試験問題は以下から入手できます。

過去の試験問題

授業カリキュラム

こちらをご覧下さい。

 

こんなところで学びます

photo1 photo2 photo3
講義室前のアカデミックプロムナード。授業の合間に休憩したりお弁当を食べたりできます。 学生は誰でも電子メールのアカウントを取得できます。いつでも好きな時間にネットサーフィンしたりメールを見たりできます。 アカデミックプロムナードにある理学部の掲示板。
photo4 photo5 photo8
電子掲示板。携帯電話からも授業のお知らせなどをチェックできます。 自動販売機のあるリフレッシュコーナー 生協食堂の前のテラス。天気のいい日は外でランチを楽しめます。
photo6 photo7 photo9
生物学科の学生実験室。 生物学科の学生のための控え室。各学生専用のロッカーとソファやテーブルがあります。

生物学科の図書室。

自然科学系図書館はこちら

授業風景

photo photo photo
「2年生の講義科目」
英語の教科書としてキャンベル&リースの「Biology」を使います。でも講義は日本語でわかりやすく行なわれます。
講義風景
こんな面白い生物がー。
基礎生物学実験 その1
生物顕微鏡の使い方を学びます。
photo photo photo
基礎生物学実験 その2
細胞と葉緑体を見ました。
基礎生物学実験 その3
実体顕微鏡下で花の解剖をしています。
生物学実習1
海浜植物の特徴を理解するためには,ただただひたすら掘るのみ。
photo photo photo
生物学実習2
ウナギからの血液採取。難しい!死ぬなよ!
生物学実習4
白山に登って高山植物の観察。
グループ演習
班ごとに自由研究を行い、発表会形式で研究成果を発表します
photo photo photo
生態学実験
アリの行動を観察するために
角間の里山でアリを採集。
生態学実験
ドングリに標識をつけます。
進化系統学実験
野菜のDNA抽出中。
photo photo photo
進化系統学実験
マルチメディア教室で分子系統樹をつくり生物の類縁関係を解析。
植物生理学実験
実生の形態を測定しています。
植物生理学実験
実験材料の植物たち。
photo photo photo
生化学実験
牛の心臓からチトクロムcを精製します。
生化学実験
チトクロムcが樹脂の表面に吸着しています。
生化学実験
酵素活性を測定中。
photo photo photo
組織形態学実験
ミクロトームを使って切片をつくります。
組織形態学実験
順番に染色液に浸して、組織ごとに染め分けをします。
組織形態学実験
出来上がった切片の写真。
photo photo photo
遺伝子組換え実験
クリーンベンチで無菌操作をしています。
遺伝子組換え実験
大腸菌培養中。
遺伝子組換え実験
実験ノートを取ります。

 

卒業後の進路

生物学コース卒業生 過去5年間の進路

過去5年間の進路をグラフで示します 

就職先は、公務員や教員、民間企業では医薬・化学や食品をはじめとして、情報・通信などのIT産業やサービス業などの業種が多くなっています。

卒業生の半数以上は、さらに高度な学問レベルを身につけるため大学院博士前期(修士)課程へ進学します。
同じ業種でも、博士前期課程の修了生は研究・開発職につくことが多く、サービス業では検査受託や医療系コンサルタントなど専門を生かした会社への就職が多くなっています。公務員の場合も、行政にくわえて林学や農学などの試験区分で就職する修了生が増え、科学捜査研究所や石川県ふれあい昆虫館、いしかわ動物園など専門を生かした機関へ就職する修了生もいます。

さらに大学院博士後期(博士)課程へ進学し、大学教員などの職に就く修了生もいます。

(卒業生・修了生からのメッセージは、こちらをクリック)

 

生物学コース卒業生 過去5年間の就職先

公務員・独立行政法人 教員
 石川県庁  石川県
 福井県庁  富山県
 長野県警(山岳警備隊)  愛知県
 野々市市役所  滋賀県
 羽咋市役所  群馬県
 氷見市役所  香川県
 敦賀市役所  
 福岡市役所  

 

民間企業
医薬・化学 金融
 富士薬品  紀陽銀行
 東和薬品 情報・通信
 Meiji Seikaファルマ株式会社  ソニーグローバルソリューションズ
 黒田化学  NECソフトウェア北陸
 株式会社ニッポンジーン  インテック(ITホールディングス)
 小林加工株式会社  株式会社コラボス
食品  NHK
 名古屋製酪(スジャータグループ) サービス
 ふじや食品  サイトサポートインスティチュート
 スギヨ  名鉄観光サービス株式会社
 わらべや東海  株式会社ユーズ
農林  ソラン北陸
 JA能美  教育関係
建設  
 ニューハウス工業  

 

大学院博士前期(修士)課程修了生 過去5年間の就職先

公務員・独立行政法人 教員
 富山県庁  金沢高校
 愛知県職員  岐阜県
 三重県警察(科学捜査研究所)  
 豊中市役所  
 長野市役所  
 富山県立大学研究員  
 石川県ふれあい昆虫館  
 岡山市役所  
 富山市役所  

 

民間企業
医薬・化学・化粧品 農林
 キッセイ薬品工業  全国農業協同組合連合会(JA全農)
 日産化学工業  小松市農業協同組合
 日本メナード化粧品  カネコ種苗株式会社
 ジェイオーコスメティックス その他製造業
 宝酒造  渋谷工業
 日東メディック株式会社  伸晃化学
 株式会社ニッポンジーン  大成機工
 北山ラベス 情報・通信
食品  マクロミル
 アサヒビール  ブリヂストンソフトウェア
 協友アグリ  北國新聞社
 日本食研 サービス
 名古屋製酪(スジャータグループ)  三菱化学メディエンス(現 LSIメディエンス)
 生活品質科学研究所  サンプラネット
 日本丸天醤油株式会社  アスクレップ
 タケショー  東海澱粉
 スギヨ  日本海コンサルタント
 オハラ  シー・アイ・シー
 菱和園  富山育英センター
   新潟クボタ
   金星

 

博士後期課程では、大学教員や民間企業の研究者などを輩出しています。

 

大学院博士後期(博士)課程修了生 過去8年間の就職先

大学・国立研究機関など 民間企業
東京大学・特任助教(2006年度修了) ヤクルト(2006年度修了)
東北大学・助教(2008年度修了) 玉田工業(2011年度修了)
埼玉医科大・助教(2008年度修了) など
愛知医科大・助教(2011年度修了)  
国内の大学の常勤の技術職員  
国外の大学、研究機関のポスドク  
国内の大学、研究機関のポスドク  

過去15年間の修了生の就職先(上記以外)には、福井大学・准教授、岐阜大学・准教授、金沢大学・特任准教授、新潟大学・特任准教授、金沢大学・助教、神戸大学・助教、弘前大学・特任助教、能登半島里山里海自然学校・常駐研究員、県立高校教員などがあります。大学教員や国立研究機関の常勤研究員には、通常数年間のポスドクを経た後に就きます。現在のポスドクには学振特別研究員、フロリダ大学、メリーランド大学、ウィーン大学の博士研究員などがいます。

 

卒業生・修了生からのメッセージ 

(卒業後の進路は、こちらをクリック)

卒業生からのメッセージ

私は、高校生の頃から生物の授業が好きで、大学に入学してからも生物学に興味がありました。生物学コースに進んでからは、さまざまな基礎生物学実験、能登の海で行われた臨海実習、白山に登り山小屋に泊まった白山実習、1年間を通じて実験を行った卒業研究などが心に残っています。また、一緒に教職の授業を取っていた友人や、大学院進学を目指す友人、就活に励んでいた友人など、さまざまな友人に囲まれ楽しい大学生活を送ることができました。本年度から、私は高校の教員として生物を教えています。生物学コースで学んだことを活かし、生徒に生物のおもしろさを伝えられるような教員になりたいです。

(平成25年度卒・愛知県立高校 教諭)

生物学を学ぶのに金沢大学は最高の環境です。私は大学で分子生物学というミクロな学問を専攻していました。今は製薬企業で癌の研究に携わっており、大学時代の研究が多いに役立っています。しかしそんな今があるのは、2,3年次に金沢の大自然の中でフィールドワークを行ったり、様々な生物と触れ合ったりしたことが自分の知識と経験を豊かにしてくれたからだと感じています。少しでも生物学に興味があれば、この生物学コースで学ぶ多くのことは、必ずあなたの強みになると思います!TRY HARD!

(平成25年度卒・薬品メーカー)

 
博士前期課程修了生からのメッセージ

大学での経験が仕事に生かせています!
現在、化粧品メーカーにて原料の開発を行っていますが、精製などの開発の原理と大学で学んだことがつながることが多いです。研究室でユニークな研究をすることができたことで、様々な場面で人とは違った目線で考えることができます。また、新しい仕事をする上でのアプローチは研究と通ずるものがあり、生物学コースで学んで良かったと思っています。

(平成21年度修了・化粧品メーカー 原料開発)

野生動物の生態 解明や保全に興味があり、生物学科に進学しました。生態学研究室では淡水性カメ類の生態研究を行ないました。卒業後は、大学で勉強した事柄を役に立てることを目標に、動物園を運営する公社に就職しました。動物園では、トキの生息域外保全のための分散飼育・繁殖を担当しています。同時にカメ類の飼育繁殖と展示にも力を入れています。学生時代からどんな生き物のことにも興味を持ち、勉強するように心がけてきたことが、今でも役に立っています。

(平成15年度修了・いしかわ動物園 飼育展示課)

 
博士後期課程修了生からのメッセージ

「なぜバッタとトンボは、こうも形から生活まで異なるのか?」おそらく幼稚園のころの疑問が、気がつけば私を生物学者へ導きました。幼い疑問であっても、そこにある未知の原理を体系を整えた理論で明らかにすることは、非常に困難です。しかし自分が「知りたい」ことを自分の力で「明らか」にして、しかも人類の知識という共有財産を増やす、これを生業とする研究者は非常にやりがいのある職業だと思います。

(平成20年度修了・東北大学大学院農学研究科 助教)